• 2015年06月21日更新

    6月20日、由利本荘地区講演会が、
    由利本荘市市民交流学習センターにて開催されました。

    古屋圭司前拉致問題担当大臣と、荒木和博特定失踪者問題調査会代表が講演を行いました。
    また、後半は、荒木教授をコーディネータに、古屋代議士、御法川信英代議士、村岡敏英代議士のお三方をパネリストに迎え、パネルディスカッションも行われました。

    停滞する拉致問題に対する世論の感心の低さを感じる、来場者数60名余りと云う情況でしたが、出演された全ての方々から、北鮮に対する制裁の強化をすべきとの意見が聴かれ、オールジャパンで拉致問題に取り組んで行くアピールとなりました。

    集会の模様は、翌日朝の産經新聞東北版と、河北新報に記事が掲載されて居ります。


    記事詳細へ
  • 2015年05月31日更新

    告知です

    6月20日(土)13:00~
    由利本荘市 市民交流学習センター 講堂 におきまして
    拉致問題集会が開催されます。
    テーマは
    「拉致被害者を取り戻そう!今すぐ私達に出来る事」
    内容は、講演とパネルディスカッション。

    講演は、古屋圭司前拉致問題担当大臣と、荒木和博特定失踪者問題調査会代表。

    パネルディスカッションは、コーディネータに荒木和博教授。
    パネリストに、古屋圭司代議士、御法川信英代議士、村岡敏英代議士です。

    入場は無料。予約や申込も不要です。


    記事詳細へ
  • 2015年05月03日更新

    本日、道の駅象潟ねむの丘にて、
    北朝鮮に拉致された日本人を救出する秋田の会にかほ地区主催の、署名活動がありました。

    この季節としては暑い中、救う会秋田にかほ地区と由利本荘地区、秋田地区のスタッフが声を上げて署名活動をしました。

    GWの中、各地からいらした心ある方々の御署名が頂けました。
    御協力下さった方々、ありがとうございました!


    記事詳細へ
  • 2015年05月01日更新

    明日5月3日(日)の午前11時から、道の駅象潟ねむの丘にて、救う会秋田・にかほ地区主催の、
    北鮮拉致被害者救出を求める署名活動を行います!
    御協力戴ける方、署名戴ける方、カンパ下さる方は是非、足をお運び下さい。

    記事詳細へ
  • 2015年03月05日更新


    【拉致問題アワー】自衛隊による拉致被害者救出シミュレーション~「予備役ブルーリボンの会」シンポジウム[桜H27/3/4]

    憲法九条の問題があり、日本政府が早々に選択肢から除外している「自衛隊による拉致被害者救出」。しかし現実に、日朝協議による解決の目途が立たない以上、実力行使で拉致被害者の救出を検討することは、主権国家としての権利であり、また国民に対する義務でもあろう。どうも極秘の検討がなされている気配もない政府に代わって、予備役ブ...

    記事詳細へ
  • 2015年02月22日更新

    にかほ市の仁賀保公民館むらすぎ荘にて、
    北朝鮮に拉致された日本人を救出する秋田の会 にかほ地区ミニ集会が開催されました。

    むらすぎ荘の第一会議室と云う小さな会場で、円卓スタイルで十二席での、小規模集会でした。
    それでも、救う会秋田の関係者以外にも、七名の市民の方々が参加下さいました。

    初めに、にかほスタッフから挨拶とお話があり、次に、由利本荘地区スタッフによる北朝鮮拉致問題に関する基本講座的な講演がありました。

    休憩を挟んで後半は、全員参加型の座談会を行いました。
    結局話をして居たのは、殆どが救う会秋田の関係者でしたが、参加市民の方々からの質問に、救う会秋田のメンバーが答えたりと、大規模集会では話さない様な話をしたりと、小規模ならではの密度の高い座談会となりました。

    記事詳細へ
  • 2015年01月14日更新

    国際教養大学で、駐日フランス大使の講演があり、聴講して参りました。
    せっかくの機会でしたので、講演の終了後、ティエリー・ダナ駐日フランス大使にお会いして、
    北朝鮮による日本人拉致問題について、協力を訴えて来ました。

    特定失踪者の顔写真のチラシを大使に手渡し、
    「もし、ISIS(イスラム国)にフランス人が百人以上も拉致されたら、フランスでも怒るのではありませんか?人権の問題として、ご理解とご協力をお願いします 」
    と訴えて来ました。

    ダナ大使も、
    「そう云う問題がある事は理解して居ます。重大な人権問題として憂慮して居ます。フランスは北朝鮮と国交はありませんが、EUの一員として可能な限り協力して行きたい」
    と、答えて下さいました。

    記事詳細へ
  • 2014年12月09日更新

    今日から16日までの1週間は、
    「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」
    です!

    衆議院の解散総選挙の為に、北朝鮮拉致の問題が霞んでしまい勝ちの傾向の様ですが、
    むしろ選挙期間である今こそ、国民の生命に関わる一大事として、議論して欲しいと思います。
    そして、当選した後は、全力で拉致被害者救出に取り組んで戴きたいです!

    記事詳細へ
  • 2014年11月17日更新

    11月16日(日)由利本荘市にて、
    北朝鮮に拉致された日本人を救出する秋田の会主催の講演会が行われました。
    拉致被害者家族の飯塚繁雄代表と、救う会全国協議会の西岡力会長が講演をされ、そのお二人と国際教養大学教授の梅原克彦前仙台市長、救う会秋田の松村譲裕代表がパネリストとして、パネルディスカッションも行いました。

    参加総数は120名程。
    この日秋田市で、維新の党の橋下徹代表などの出席する集会があったりした中での、この人数は満足の行く参加者数です。

    講演内容も、テレビなどでは聴かれない様な話も聴く事が出来た、濃い集会でした。
    参加者の反応も頗る良く、梅原教授の影響もあってか、出席しない由利本荘市長に対する不満の声なども聴かれ、参加者がこの拉致事件に真剣に思いを馳せた事が窺い知れます。

    この模様は、今日17日の、読売新聞と朝日新聞の朝刊の秋田県内版に記事として掲載されました。
    朝日新聞は写真付きです!

    御高齢をおして秋田県まで何度も足をお運び下さる飯塚さん、山谷大臣の代役と云う形であるにも拘らず、急な依頼に快く応じて下さった西岡先生、更に急なパネリスト依頼に快く応じて下さった梅原先生、そして至らない企画にお力添えを下さったスッタッフ各位に、心より御礼申し上げます。


    記事詳細へ
  • 2014年10月23日更新

    10月22日の産経新聞朝刊26面(全国版)に、
    秋田県教育委員会が、秋田県国際課の製作した、秋田県内の拉致問題啓発ポスターを、公立私立を問わず全県の小中高校417校に校内で表示する様に要請した記事を掲載しました。

    更に、10月23日の読売新聞と毎日新聞の朝刊秋田県内版にも、同様の記事が掲載されました。

    http://mainichi.jp/area/akita/news/m20141023ddlk05040202000c.html


    北朝鮮・拉致問題:子どもたち知って 県内小中高校など、啓発ポスター配布−−県教委 /秋田 - 毎日新聞
    mainichi.jp
     北朝鮮による拉致問題を子どもたちに知ってもらおうと、県教委は、県内の特定失踪者を紹介するポスターを...

    記事詳細へ
  • 2014年07月25日更新

    ボランティア大募集!!

    平成26年度「家族会東北夏祭りキャラバン」の街頭活動に参加しませんか!今年は飯塚代表と増元事務局長が参加します。
    被害者救出は、今が正念場!是非、お力を貸してください!
    (4日は飯塚代表のみ)

    ①妙技会会場で街頭活動!
    日時 8月4日14時~16時
      場所 なかいち、にぎわい交流館横広小路側
      署名、募金、ビラ配り等

    ②竿燈入場行進に横断幕を持って参加
      日時 8月4日 18時~19時30分
       飯塚代表は穂積市長、竿燈会会長と一緒に入場します!
      ※こちらは事前にご連絡を頂いてから服装や集合時間をお伝     えします。

    参加します!と言う方、ご返信ください!

    活動詳細は以下の通り

    1.日  時 平成26年8月4日(月)~5日(火)

    2.参加者 家族会、飯塚代表、増元事務局長、救う会秋田有志など

    3.活動内容
          (8月4日は飯塚代表のみ参加)
    ① 竿燈妙技会会場で街頭活動
    日時 8月4日14:00~16:00 
        場所 ナカイチ にぎわい交流館横(広小路側)

    ② ご当地グルメフェスティバル
        日時 17:00~18:00
        場所 
         ※ステージであいさつあり

    ③竿燈入場行進参加
        19:00 竿燈祭り入場の際、飯塚代表が市長と共に入場
              救う会秋田メンバーが横断幕を持ち同行

    記事詳細へ
  • 2014年05月23日更新


    記事詳細へ
  • 2014年05月10日更新



    記事詳細へ
  • 2014年05月04日更新

    5月4日(日祝)道の駅象潟ねむの丘にて、北朝鮮に拉致された日本人を救出する秋田の会による街頭活動を行いました。
    にかほ地区(仮)主催で、秋田地区や由利本荘地区が全力応援して、署名活動やビラ配り、パネル展示も行いました。

    街頭活動には、秋田県議会の拉致議連会長、小田美恵子県議も参加されて、通りかかる人ひとりひとりに声かけをされるなど、若干風が強い中、積極的に活動されておられました。

    大型連休の真っ最中であり、天気も良好だった為に、道の駅はかなり賑わって居ました。
    署名して下さった方々も、観光に見えられたり里帰りされたりの方々で、全国各地の方々に署名頂きました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。m(_ _)m

    パネルを見て、「こんなに居るんだ!」と驚きの声を上げていた若いカップルの方々など、パネル展示の方も多くの方々に見て頂けた様です。

    年齢層も若い人から御年配の方まで多岐に亘り、この問題への関心の深さを物語っております。
    是非、この声を政府に、国会に、世界に、そして北鮮政府に届けて、拉致された被害者の方々の救出に繋げて行きたいと切に希望致します。


    記事詳細へ
  • 2014年01月18日更新



    記事詳細へ
  • 2013年12月21日更新

    我が国のSNS「mixi」に参加されている方へ。
    ミクシィにも「救う会秋田」のコミュニティがあります。
    http://mixi.jp/view_community.pl?from=home_joined_community&id=6124443


    救う会・秋田
    mixi.jp
    【救う会・秋田】のmixiコミュニティ。北朝鮮に拉致された日本人を救出する秋田の会 通称「救う会・秋田」のコミュニティです。 北朝鮮による日本人拉致被害者の救出運動を行っている、秋田の市民団体です。

    記事詳細へ
  • 2013年12月15日更新

    25年12月14日と15日の二日間、
    北朝鮮人権侵害問題啓発週間の一環であり、
    「忘れないで、特定失踪者問題」12月全国一斉活動の一環でもある、
    秋田県での街頭活動が、秋田駅改札口前ぽぽろーどにて行われました。

    活動内容は、主に署名活動とビラ配りです。
    主催は、秋田県、秋田県議会拉致議連、そして救う会秋田でした。

    活動初日の14日(土)には、秋田県議会拉致議連会長の小田美恵子県議をはじめ、三浦英一氏、最上英嗣氏、小松隆明氏、鈴木洋一氏、菅原博文氏、北林丈正氏、北林康司氏と云った県議会議員の方々や、橋口秋田県副知事も1時間ほど参加されました。

    県職員の方々も複数参加され、前の仙台市長でもある国際教養大学の梅原教授も参加され、救う会秋田のメンバーやボランティアの方々も協力参加して、声を枯らして署名活動やビラ配りを行いました。

    両日とも気温が0℃よりも上がらない寒冷で、外は吹雪の日でもありましたが、寒さに負けずに頑張りました。
    目も合わせず素通りする人がほとんどでしたが、中には自分から署名に来てくださった方も居たり、中学生の方まで署名に協力して下さったりと、それぞれでした。

    署名総数は、14日(土)には382名分。15日(日)には168名分。
    合計で550名分の署名が集まりました。
    皆さんの署名が功を奏します様に祈りつつ、今後も引き続き活動を続けていきたいと思います。


    記事詳細へ
  • 2013年12月01日更新



    記事詳細へ
  • 2013年11月24日更新

    政府広告オンライン「暮らしのお役立ち情報」で、
    拉致問題についてのページもありましたので御紹介です。
    http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201311/3.html


    必ず取り戻す!北朝鮮による日本人拉致問題:政府広報オンライン
    www.gov-online.go.jp
    政府の広報・広聴活動をまとめたポータルサイト。内閣府大臣官房政府広報室が運営。

    記事詳細へ